資料

  • Unreal Engine開発ワークフローを高速化

    導入事例–Epic Games

    Epic Games社は、AMD Ryzen™ Threadripper™ CPUを活用することで、Unreal Engine開発プラットフォームのビルド時間を劇的に改善し、生産性と創造的自由の進化、特にリモート・ワーカーの創造性の向上を図ることに成功しました。ケーススタディで詳細をご覧ください。 クラウドにコアを追加する必要がなくなり、はるかに柔軟なワークフローが実現しました。

  • クラウドサービスを強化

    導入事例–GMO Internet, Inc

    GMO Internet, Incが、シングルソケット構成への切り替えによって必要なサーバーの数とランニングコストを削減しながら、AMD EPYC™ プロセッサーを使用したMicrosoft Windows Hyper-Vクラウドサービスの提供のために、サーバーごとの仮想マシンの収容効率を向上させた方法に関するケーススタディをお読みください。

  • DBSがAMD EPYC™ CPUでデータセンターを変革

    導入事例–DBS Bank Ltd

    DBSはAMD EPYC™ プロセッサーを搭載したDell PowerEdgeサーバーを導入することで、データセンターのフットプリントを従来サイズの4分の1に削減し、電力消費を半減することで、ビジネス成長の可能性を10倍拡大させました。ケーススタディで詳細をご覧ください。

  • ワークフローの効率を向上

    導入事例–Secret 6

    Secret 6はProject Xandataの開発に向け、AMD Ryzen™ Threadripper™のパワフルなワークステーションをシステムに統合することで、ワークフローの効率を2倍以上に高めることができると確信しました。Secret 6が実施したテストのケーススタディをご覧ください。

  • 機能豊富なオーディオ製品のより迅速な開発に成功

    導入事例–Sonos

    AMD Ryzen™ Threadripper™ PRO プロセッサーを搭載するLenovo ThinkStation P620ワークステーションを導入したSonos(ソノス)は、ソフトウェアのコンパイル時間を半分以上短縮し、エンジニアリング・チームの製品設計パフォーマンスを最大20%向上できたことで、機能豊富なオーディオ製品のより迅速な開発に成功しました。ケーススタディで詳細をご覧ください。

  • Intel ノードと比較して半分のラック数となり、Autodesk Arnold® ライセンスも 35% 削減

    導入事例–Cinesite

    バンクーバーに所在する Cinesite の制作スタジオは、64 コアの第 2 世代 AMD EPYC™ 7662 プロセッサーを搭載した 150 台の Dell PowerEdge C6525 サーバーを導入することで、映画「アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!」のポストプロダクションにおいて、ベースラインのレンダリング・インフラストラクチャーを 30% 節約することに成功しました。また、Intel ノードと比較して半分のラック数となり、Autodesk Arnold® ライセンスも 35% 削減することができました。ケーススタディで詳細をご覧ください。

  • ウェブサイトの要求スループットを10倍向上

    導入事例–The Media Team

    The Media Team(ザ・メディア・チーム)社は、サーバー・インフラストラクチャーをIntel XeonからAMD EPYCプロセッサーに切り替えることで、ウェブサイトの要求スループットを10倍向上させ、レイテンシーを96%改善することができました。これで、同社のニーズの増加に合わせて、十分に拡張できる余裕が生まれました。ケーススタディで詳細をご覧ください。