AMD Ryzen™ AI は、x86 プロセッサの
Windowsノートブックに統合された世界初の AI エンジン1 です。
最大4つの AI ストリームを同時に処理することで、
AI ワークロード実行の効果とパフォーマンスを最適化し、
リアルタイムでのマルチタスクを可能にします。
クラウドの処理を待つ必要がなく、
データを安全に保つことができます。

詳細はこちら

ハイブリッド AI 時代の AMD Ryzen™ AI を搭載したWindows 11 が、これまでの PC 体験を大きく変える

  • コラボレーションの推進

    まったく新しい AI が主導の
    コラボレーションがもたらすメリット

  • マルチタスクの高速化

    CPU と GPU の負荷を軽減し、
    可能性を引き出す

  • 生産性・効率性の向上

    バッテリ ライフの最適化を実現する、
    まったく新しい AI エクスペリエンス

  • セキュリティの強化

    データをローカルで処理して
    攻撃ベクトルを低減

AMD Ryzen™ AI と Windows Studio Effects
- PC 体験の進化 -

AMD Ryzen™ AIは、自動フレーミング、視線補正、背景ぼかしなどの
Windows Studio Effects 機能を実現し、
オンライン会議やリモートワークをより生産的で快適なものにします。

AMD Ryzen™ AI でより高い生産性を実現する
Windows の AI 機能

Automatic Framing 自動フレーミング

Automatic Framing
自動フレーミング

Webカメラの映像を補正し、自分の顔の位置に合わせて
フレームを移動。カメラの正面を向いたり、
枠内に収めるようにする機能です。
動きながらオンライン会議をしている場合など、
位置がよく動くようなシチュエーションでも
常に人物を捉えるので、相手に安心感を与えます。

Eye Contact 視線補正

Eye Contact
視線補正

目線がカメラの中央から逸れたときに補正する
エフェクト機能です。画面を見ているときに目線を補正し、
オンライン会議の通話中に他の人とアイ コンタクトを
取っているように見せることができます。
より円滑なコミュニケーションを実現につながります。

Background Effect 高度な背景エフェクト

Background Effect
高度な背景エフェクト

AI が新たに実現する、高品質の背景ぼかし機能です。
カメラ ビューの背景要素をぼかすことができ、
いつどこでも安心してオンライン会議に参加することが
できます。標準のぼかしや、よりソフトなポートレートの
ぼかしかなど、エフェクトの選択も可能です。

詳細はこちら

AMD Ryzen™ PRO 7040
シリーズ プロセッサ

AMD Ryzen™ AI 搭載
ビジネス向けノート PC

AMD Ryzen™ PRO 7040
シリーズ プロセッサ

世界で最も先進的で比類のない電力効率を持つ、
高性能なビジネス向けノート PC 用のプロセッサです。
革新的な新しい AI エンジンを搭載し、
比類のないバッテリライフの長さ、速度、
ほぼ無音の動作という特長を備えた最上級の
コラボレーション エクスペリエンスを提供します。

妥協のない革新性、スピード、パワーを追求した設計

  • “ZEN 4”

    世界最速かつ最先端の
    ビジネス向けプロセッサ2 3

  • 4 nm

    ビジネス向けノート PC 用プロセッサ
    として驚異的な電力効率

  • AMD RDNA™ 3

    世界で最もパワフルな
    統合グラフィックス2

  • AMD Ryzen™ AI

    x86 プロセッサに統合された
    世界初の AI エンジン1

Intel 第 13 世代プロセッサを凌駕する
リーダーシップのパフォーマンス4

Intel 第 13 世代プロセッサを凌駕するリーダーシップのパフォーマンス4

Microsoft Teams ビデオ会議と Office アプリ を同時に
使用しながら、パフォーマンスを加速5

Microsoft Teams ビデオ会議と Office アプリ を同時に使用しながら、パフォーマンスを加速5

Microsoft Teams ビデオ会議と Office アプリ を同時に使用しながら、パフォーマンスを加速5

Microsoft Teams ビデオ会議利用時の電力寿命6 7

Microsoft Teams ビデオ会議利用時の電力寿命6 7

AMD Ryzen™ PRO 7040 シリーズ プロセッサーを搭載した
Windows 11 PC をご覧ください

AMD Ryzen™ PRO 7040 シリーズ プロセッサーを搭載したWindows 11 PC をご覧ください

AMD Ryzen™ PRO プロセッサー搭載製品詳細はこちら

AMD Ryzen™ PRO 7040シリーズ プロセッサ (ソケット FP7r2/FP7/FP8)

AMD Ryzen™ PRO 7040シリーズ プロセッサ (ソケット FP7r2/FP7/FP8)

AMD Ryzen™ PRO 7040 シリーズ プロセッサ搭載 PC の
最新情報や資料をお届け!

脚注

1. 2023 年 5 月現在、AMD は、x86 Windows プロセッサで動作する最初で唯一の専用 AI エンジンを提供しています。ここで "専用 AI エンジン" とは、AI 推論モデルの処理以外の機能を持たない AI エンジンを指し、x86 プロセッサ ダイの一部であるものです。Windows ベースの PC 用に Intel が提供する最新の第 13 世代 x86 プロセッサは Core i9、Core i7、Core i5、Core i3 のモデルで構成されています。リストは https://www.intel.com/content/www/us/en/products/details/processors/core.html に掲載されています。Intel の x86 プロセッサは、いずれのモデルも専用 AI エンジンを搭載しておらず、Windows ベースの第 12 世代 x86 プロセッサも同様です。PHX-3

2. 2022 年 8 月時点の x86 プラットフォームにおける AMD プロセッサの小型ノードサイズに基づいています。GD-203AMD Ryzen™ 7000 シリーズ PRO モバイル: 2023 年 4 月時点のビジネスクラス x86 プラットフォームにおける AMD プロセッサの小型ノード サイズに基づいています。

3. 2023 年 6 月 13 日に AMD から委託された BOXX Technologies が次のシステムを使用して比較テストを実施しました。AMD Ryzen™ PRO 7840U プロセッサ @15 W、統合 AMD Radeon™ グラフィックス、16 GB RAM、1 TB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する HP EliteBook 845 G10 と、Intel Core i7 1365U プロセッサ @15 W、Intel 統合グラフィックス、512 GB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する、同様に構成された Dell Latitude 5440。次ベンチマーク テストで測定したスコアの複合幾何平均を使用しました。CPU: Geekbench v5 Single Core、Cinebench R23 n スレッド、Passmark 11 CPU Mark。GPU: 3DMark Fire Strike Extreme Graphics、3DMark Fire Strike Ultra Graphics、3DMark Night Raid Graphics。生産性: PCMark 10 Express、PCMark 10 Extended、PCMark 10 Productivity Test Group。コンテンツ制作: SPECViewperf 3dsmax-06、Procyon Video Editing、PCMark 10 Photo Editing。

4. 2023 年 5 月 31 日に AMD から委託された BOXX Technologies が次のシステムを使用して比較テストを実施しました。Intel Core i7 1355U プロセッサ、Intel 統合グラフィックス、16 GB RAM、512 GB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する Dell Latitude 5440。Intel Core i7 1370P プロセッサ、Intel 統合グラフィックス、16 GB RAM、256 GB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する Dell Latitude 5440。Intel Core i7 1360P プロセッサ、Intel 統合グラフィックス、16 GB RAM、512 GB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する Dell XPS 13+。Intel Core i7 1365U プロセッサ、Intel 統合グラフィックス、16 GB RAM、512 GB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する Dell Latitude 5440。AMD Ryzen™ PRO R7-7840UU プロセッサ、統合 AMD Radeon™ グラフィックス、16 GB RAM、1 TB NVMe SSD を搭載し、Windows 11 Pro が動作する HP EliteBook 845 G10。次のテストを使用しました。Geekbench v5 シングル コア、Passmark 11 CPU Mark、PCMark 10 Benchmark。PC メーカーの構成によって、異なる結果が生じる場合があります。実際の結果と異なる場合があります。PCMark® は Futuremark Corporation の登録商標です。

5. 2023 年 6 月 2 日に AMD パフォーマンスラボでテストを実施しました。AMD Ryzen™ PRO 7840U のシステム構成: 32 GB RAM、2 TB NVMe SSD、統合 AMD Radeon™ グラフィックスを搭載し、省電力モードの Windows 11 Pro が動作する Lenovo ThinkPad T14s Gen 4。Intel Core i7-1370P のシステム構成:16 GB RAM、512 GB NVMe SSD、Intel 統合グラフィックスを搭載し、省電力モードの Windows 11 Pro が動作する Dell Latitude 5440。次のテストを使用しています。Teams + Procyon Overall、Teams + Procyon Word、Teams + Procyon Excel、Teams + Procyon Powerpoint、Microsoft Teams + Procyon Wallpower の消費電力 (W)。Microsoft Teams の各コールには 9 名 (3X3) が参加し、各ベンチマークを実行しました。ノート PC メーカーの構成によって、異なる結果が生じる場合があります。

6. 2023 年 6 月 3 日時点の AMD によるテストに基づいています。バッテリライフの結果は、バッテリ稼働のマシンで 9 人が参加する Microsoft Teams ビデオ会議を実施した結果で評価しました。AMD/Intel のシステムは、電力レベル 100% > 5% @ 150 ニットの明るさで実行し、電力モードを"電力効率" に設定しています。 Apple システムは電力レベル 100 > 0 @150 ニットの明るさで実行し、電力モードを "低電力モード" に設定しています。Apple M2 Pro 10 コアのシステム構成: Apple MacBook Pro 14、統合グラフィックス、16 GB RAM、512 GB NVMe SSD、MacOS 13.2、69.6 Wh バッテリ。AMD Ryzen™ 7 7840U のシステム構成: HP EliteBook 845 G10、AMD Radeon™ グラフィックス、16 GB RAM、1 TB NVMe SSD、Windows 11 Pro、51.3 Wh バッテリ。Intel Core i7 1365U のシステム構成: Dell Latitude 5440、16 GB RAM、1 TB NVMe SSD、Intel 統合グラフィックス、Windows 11 Pro、54 Whバッテリ。Intel Core i7 1370P のシステム構成: Dell Latitude 5440、16 GB RAM、1 TB NVMe SSD、Intel 統合グラフィックス、Windows 11 Pro、54 Wh バッテリ。

7. 2023 年 6 月 3 日時点の AMD によるテストに基づいています。バッテリライフの結果は、バッテリ稼働のマシンで 9 人が参加する Microsoft Teams ビデオ会議を実施した結果で評価しました。AMD のシステム構成は、電力レベル 90% > 45% @ 150 ニットの明るさで実行し、電力モードを "電力効率" に設定しています。Apple システムは電力レベル 100 > 0 @150 ニットの明るさで実行し、電力モードを "低電力モード" に設定しています。Apple M2 Pro 10 コアのシステム構成: Apple MacBook Pro 14、統合グラフィックス、16 GB RAM、512 GB NVMe SSD、MacOS 13.2、69.6 Whバッテリ。AMD Ryzen™ 7 7840U のシステム構成: HP EliteBook 845 G10、AMD Radeon™ グラフィックス、16 GB RAM、1 TB NVMe SSD、Windows 11 Pro、51.3 Wh バッテリ。バッテリライフの結果は、さまざまな要因によって変動します。システム メーカーの構成によって、異なる結果が生じる場合があります。